地震の時は

ガスメーター(マイコンメーター)には安全機能があり、異常を感知すると安全のためにガスを止める機能がついています。

地震でガスの供給が止まった場合

地震が発生した場合次の手順で安全確認をしてください。

◎揺れたらまず火の始末を(大きな揺れのときはご自身の安全を優先して下さい。)

火を使っているときに地震が発生したら、ガス栓やメーターガス栓を閉めて火を消します。

◎揺れがおさまったら

ガス臭いときはガス栓やメーターガス栓を閉めて、釧路ガスへご連絡ください。
ガス栓・メーターガス栓を開いてもガスが出ないときはガスメーター(マイコンメーター)の安全機能が働いてガスが止まっている可能性があります。この場合、ガス栓を閉め、手順に従ってガスメーター(マイコンメーター)の復帰操作を行なって下さい。
正しくガスメーター(マイコンメーター)の復帰操作をしてもガスが出ない場合、釧路ガスでは安全確保のため地域的にガスの供給を停止している可能性があります。
(釧路ガスで停止している場合、テレビ・ラジオ・広報車などでお知らせを実施します)

◎ガスの供給が再開されるときは

  1. ラジオ・テレビ・広報車などでガスの供給再開予定についてご確認ください。
  2. 釧路ガスの担当者がご家庭のガス設備を点検し、ガス漏れ等を調べて安全確認を行います。
  3. 安全が確認され次第順次、ガスの供給を再開いたします。

ガスメーター(マイコンメーター)の復帰手順

ガスが出ないときはガスメーター(マイコンメーター)の安全機能が作動してガスを止めている可能性があります。ガスメーター(マイコンメーター)を確認して赤いランプが点滅している場合は、下記の方法で復帰操作をお願いいたします。

☆マイコンメーターとは、ガスメーターにマイコン制御を組込んだ遮断機能を有したガスメーターのことです。

1.全てのガス器具を止めます

器具の栓を閉じるか、運転スイッチを切ります。ガス栓も閉めます。
(メーターガス栓は開のままで操作して下さい)

 

2.復帰ボタンのキャップを外します

ガスメーター(マイコンメーター)左上の「復帰ボタン」のキャップを左に回して外します。

 

3.復帰ボタンを押します

奥までしっかり押し、表示ランプ(赤)が点灯したらすぐに手を離します。キャップを元通りに戻します。

 

4.3分待ちます

しばらくお待ちください。ガスメーター(マイコンメーター)でガスもれの確認をしています。
約3分経ちましたらもう一度ガスメーター(マイコンメーター)をご確認ください。表示ランプ(赤)の点滅が消えていたら、ガスが使えます。

 

ガスメーター(マイコンメーター)のガスもれ確認はメーターからガス器具までの範囲で行います。

3分経過後もガスが止まったままで表示ランプ(赤)が点滅している場合はガス栓やガス器具の閉め忘れ、ガスもれが考えられますので、もう一度確認してください。

正常に復帰しない場合や、不明な点がある場合は釧路ガスまでご連絡ください。

お問い合わせ

供給保安課
TEL(0154)22-8101 内線243,247