沿革

昭和10.2 資本金30万円をもって設立する。
11.11 需要家 991戸でガス供給を開始する。(社員18名)
  開業時設備
    (製造)水平式有底レトルト炉1,300m3/日(3,600kcal)  ガスホルダー 有水式930m3 1基
    (供給)本管 9,750m 支管17,065m 計26,815m
20.7 空襲により市中心部の需要家を焼失(約40%)
38.10 MS式ナフサプラント1号機完成する。〔12,600m3/日(4,300kcal)〕
39.6 太平洋炭礦 坑内ガスの受入を開始し、供給ガスの熱量変更を実施する。
(3,600kcal→5,000kcal 27.08円/5,000 kcal)
41.6 需要家 10,000戸を突破する。(10,025戸)
57.4 MS製造プラントの原料をLPGに全面転換する。
58.7 需要家 50,000戸を突破する。(50,028戸)
平成2.7 商号を釧路瓦斯株式会社より釧路ガス株式会社に変更する。
5.1 釧路沖地震に見舞われ、9,391戸が供給停止となり、全国から34ガス事業者の応援を受け、23日間で復旧する。
9.7 需要家 70,000戸を突破する。(70,014戸)
11.2 資本金 2億670万円に増資する。
13.6 道内6事業者と熱量変更共同化事業の協定書に調印する。
14.6 天然ガス受入れで石油資源開発(株)との基本合意書に調印する。
20.2 LNGサテライト基地が完成する。
20.3 天然ガス転換作業が始まる。(6B,20.93025MJ → 13A,46MJ)
21.8 天然ガス転換作業が完了する。(転換件数 73,992件、調整機器 166,867台)
27.6 標準熱量を現行46MJから45MJに変更する。